足跡でたどる恐竜学

マーチン・G.ロックレイ ほか著

人類誕生のはるか以前、この地球上に印された恐竜たちの足跡が近年つぎつぎと発見され、2億年に及ぶ過去の事実が次第に解明されつつある。足跡は、骨や角など死んだ動物の化石とは違い、恐竜たちの生きたあかし、生きた時代を生々しく私たちに教えてくれるのである。ここでは、日本をはじめ全世界にわたる恐竜の足跡を追って、恐竜の謎解明に活躍する現代のシャーロック・ホームズ達とその成果を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日々の行動-恐竜の個々の行動
  • 2 最初の恐竜たち-三畳紀
  • 3 恐竜が優位を占めた時代-前期ジュラ紀
  • 4 地面を踏みつける恐竜-中期ジュラ期
  • 5 ブロントサウルスの時代-後期ジュラ紀
  • 6 イグアノドンの時代-前期白亜紀
  • 7 恐竜時代の最後-後期白亜紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 足跡でたどる恐竜学
著作者等 Lockley, M. G.
Lockley, Martin G
小畠 郁生
松川 正樹
ロックレイ マーチン・G.
書名ヨミ アシアト デ タドル キョウリュウガク
シリーズ名 丸善ライブラリー 16
出版元 丸善
刊行年月 1991.6
ページ数 172p
大きさ 18cm
ISBN 4621050168
NCID BN06462853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91049404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想