謎とき『カラマーゾフの兄弟』

江川卓 著

ドストエフスキー最後の、未完の大作に秘められた謎をスリリングに解き明かす。大反響をよんだ『謎とき「罪と罰」』に続く第二弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 "カラマーゾフ"という姓
  • 2 黒いキリスト
  • 3 好色な人たち
  • 4 巡礼歌の旋律
  • 5 薔薇と騎士
  • 6 3と13の間
  • 7 "蛇の季節"のなかで
  • 8 白いキリスト
  • 9 臆病なユダ
  • 10 兄弟愛の表裏
  • 11 心の広さと大きさと
  • 12 実現しなかった奇跡
  • 13 逆ユートピア幻想
  • 14 実在する悪魔
  • 15 "カラマーゾフ万歳!"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 謎とき『カラマーゾフの兄弟』
著作者等 江川 卓
書名ヨミ ナゾトキ カラマーゾフ ノ キョウダイ
シリーズ名 カラマーゾフの兄弟
新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 1991.6
ページ数 302p
大きさ 20cm
ISBN 4106004011
NCID BN06449469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91051448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想