ドイツ表現主義の芸術

土肥美夫 著

印象派の実証主義に反抗したマチスのフォーヴィスムやムンクの内面表現の影響下に誕生したドイツ表現主義。その発生の土壌となった世紀末ドイツ美術の動向を概観した後,ドレスデンやウィーンなどの表現主義各派の特色を考察し、詩、絵画から演劇、建築へと重心を移行させた第一次大戦後の変貌に言及する。本邦初の本格的表現主義論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 激動期の芸術としての表現主義-美術を中心として
  • ドイツ表現派とその時代-<ディ・ブリュッケ>を中心として
  • ドイツ表現主義芸術のための序章
  • ドイツにおける世紀末芸術-表現主義芸術運動の歴史的背景として
  • ヴォリンガーと表現主義
  • 表現主義の再評価について-1960年以後の研究文献から
  • 表現主義とココシュカ
  • ココシュカとウィーン-なぜ具象<像>か
  • ノルデにおける前近代と近代
  • 表現主義芸術運動におけるユートピア建築思想の生成
  • タウトとシェーアバルト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ表現主義の芸術
著作者等 土肥 美夫
書名ヨミ ドイツ ヒョウゲン シュギ ノ ゲイジュツ
書名別名 Doitsu hyogen shugi no geijutsu
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.6
ページ数 259p
大きさ 22cm
ISBN 4000015052
NCID BN0644831X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91051018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想