現代哲学の主潮流  3

W.シュテークミュラー 著

生成文法、論理文法、言語行為論の哲学的側面、現象学と分析哲学、科学哲学と解釈学に共通の問題、各種の哲学的論理学等を概観後、クワイン、パトナム、クリプキなど主要な哲学者たちの思想や業績を考察する。60年代以後の分析哲学の、詳細かつ最も包括的な解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語の哲学(生成文法と生得観念-ノーム・チョムスキ
  • 普遍文法-リチャード・モンタギュ
  • 言語行為の理論-J・L・オースティンとJ・R・サール)
  • 第2章 今日の哲学における収束的傾向(現象学と分析哲学-ダグフィン・フェレスダール
  • 解釈学と科学哲学。説明と了解-ゲオルク・ヘンリク・フォン・ウリクト
  • 哲学的論理学)
  • 第3章 実証主義以後の存在論、精神の哲学、科学哲学、および言語哲学の新しい進路(全体論的自然主義-ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン
  • 指示詞、ア・プリオリな知識、可能的世界、必然性、および心身の同一性-ソウル・A.クリプキの理論
  • 内部実在論-ヒラリ・パトナム
  • J.D.スニード、その他-構造主義的な理論の考え方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代哲学の主潮流
著作者等 Stegmüller, Wolfgang
土屋 盛茂
竹尾 治一郎
野本 和幸
シュテークミュラー ヴォルフガンク
書名ヨミ ゲンダイ テツガク ノ シュチョウリュウ
書名別名 Hauptströmungen der Gegenwartsphilosophie. 6. Aufl

チョムスキ,モンタギュ,オースティン,サール,現象学と分析哲学,解釈学と科学哲学,哲学的論理学,クワイン,クリプキ,パトナム,構造主義
シリーズ名 りぶらりあ選書
巻冊次 3
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1991.6
ページ数 620, 50p
大きさ 20cm
ISBN 4588020137
NCID BN06446074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93066965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想