万葉修辞の研究

山口正 著

[目次]

  • 目次
  • 序 久松潜一 / 1
  • 自序 / 1
  • 凡例 / 1
  • 第一章 序説-修辞法とは何か- / 1
  • 第二章 万葉集修辞法の研究史 / 9
  • 一 時代区分 / 11
  • 二 第一期 / 13
  • 1 歌経標式・文鏡秘府論 / 13
  • 2 古今集序 / 18
  • 3 俊頼髄脳その他 / 22
  • 4 奥儀抄 / 34
  • 5 袖中抄 / 42
  • 6 古来風体抄 / 50
  • 三 第二期 / 55
  • 1 八雲御抄その他 / 55
  • 2 仙覚抄 / 62
  • 3 毎月抄その他 / 76
  • 4 愚問賢註その他 / 83
  • 5 万葉抄その他 / 90
  • 四 第三期 / 98
  • 1 万葉集管見その他 / 98
  • 2 万葉代匠記その他 / 105
  • 3 万葉緯その他 / 115
  • 4 万葉童蒙抄その他 / 119
  • 5 万葉考その他 / 126
  • 近世における万葉集修辞法の研究史年表 / 132
  • 第三章 万葉集における修辞意識の展開-言語本質論から見た- / 143
  • 一 歌語の発生 / 145
  • 二 表現の素材 / 150
  • 三 表現における場面 / 158
  • 四 様式的選択 / 167
  • 第四章 万葉集の修辞法 / 177
  • 一 詩型・格調 / 179
  • 1 歌体の生成 / 179
  • 一 題詞・左註の問題 / 179
  • 二 長歌-その抒情詩としての沿革 / 189
  • 三 短歌と連作 / 197
  • 2 歌体・歌格 / 205
  • 一 口誦歌から記載歌へ / 205
  • 二 歌体 / 212
  • 三 歌格 / 221
  • 3 格調の整斉 / 229
  • 一 リズム / 229
  • 二 声調 / 241
  • 二 音韻・句法・句格 / 257
  • 1 律単位と句単位 / 257
  • 2 同音反復・繰返し / 272
  • 3 掛詞 / 285
  • 4 縁語 / 296
  • 5 対句 / 306
  • 三 比喩 / 319
  • 四 枕詞 / 342
  • 枕詞一覧表 / 378
  • 五 序詞 / 461
  • 第五章 万葉調 / 487
  • 一 客観精神としての万葉調 / 489
  • 二 茂吉の万葉声調論 / 507
  • 1 「短歌声調論」から「万葉短歌声調論」へ / 507
  • 2 「万葉短歌声調論」の解義 / 512
  • 一 万葉調の特質と理解の方法 / 512
  • 二 万葉調の種々相 / 516
  • 三 万葉調の構成 / 523
  • 三 長歌の声調 / 529
  • 四 万葉調のよってくるもの / 536
  • 五 短歌声調の根源としての万葉調 / 543
  • 六 万葉調の問題 / 553
  • 跋 / 565
  • 索引 / 567

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 万葉修辞の研究
著作者等 山口 正
書名ヨミ マンヨウ シュウジ ノ ケンキュウ
書名別名 Man'yo shuji no kenkyu
出版元 武蔵野書院
刊行年月 1964
ページ数 581p
大きさ 22cm
NCID BN06440602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64012047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想