情報社会を生きる女たち

岩男寿美子, 武長脩行 編

急激に進展する情報化は、女性の新たな可能性を拓きつつある。「仕事は男、家庭は女」という伝統的な性別役割分業が問われなくなるとき、女性は情報の発信者・受信者・伝達者として、家庭・地域・職場に、どのようにかかわっていくことになるのか。単身赴任などに見る家族別居の問題、地域・生活情報を伝えあう消費者ネットワーク、メディアのなかで働く女性像などを例として、コミュニケーション社会が抱える課題を多角的に考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ヒューマン・ネットワークと新しい人間関係
  • 2 問われる家族のきずな-家庭内コミュニケーション
  • 3 技術が変える女性の働き方
  • 4 メディアを変える女性たち
  • 5 共同討議-情報スクランブルに立つ女たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報社会を生きる女たち
著作者等 岩男 寿美子
武長 脩行
書名ヨミ ジョウホウ シャカイ オ イキル オンナタチ
書名別名 コミュニケーションの視点から
シリーズ名 NHKブックス 626
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1991.6
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4140016264
NCID BN0643665X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91053496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想