人間社会の起源

ユ・イ・セミョーノフ 著 ; 新堀友行, 金光不二夫 訳

社会の成立と生産活動の誕生はどのようなものであったか?本書は、人類史の曙を体系化し詳説した。考古学、人類学、民族学、古社会学、古経済学等の研究者必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人類社会の成立の理論的諸問題
  • 2 動物的な道具使用の発生-前期前人の時代
  • 3 生産活動の発生-後期前人の時代
  • 4 後期前人から形成しつつある人類(原始人群)への移行
  • 5 考古学と古人類学が語る社会発生の原点とおもな段階
  • 6人類社会の成立の最初の段階-原人の時代
  • 7 人類社会の成立の最終の段階-旧人の時代
  • 8 人類社会成立の完成の段階-氏族の発生・新人の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間社会の起源
著作者等 Semenov, IUrii Ivanovich
Semenov, I︠U︡. I.
新堀 友行
金光 不二夫
セミョーノフ ユーリー・イワノヴィチ
書名ヨミ ニンゲン シャカイ ノ キゲン
書名別名 На заре человеческои иcтopии
出版元 築地書館
刊行年月 1991.6
ページ数 379p
大きさ 22cm
ISBN 4806734551
NCID BN06431168
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91050490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想