売春の社会史 : 古代オリエントから現代まで

バーン・ブーロー, ボニー・ブーロー 著 ; 香川檀 ほか訳

売春の歴史はそのまま、社会の中での女性の地位の変遷の歴史であり、男女関係の歴史でもある。豊富な資料をもとに、売春と各時代の婚姻制度、性道徳、女性イメージなどとの関連を通じて、売春問題の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 売春の起源
  • 第2章 古代オリエント-聖と俗
  • 第3章 ギリシア人-ポルノグラフィーと性への怖れ
  • 第4章 ローマ人-アンビヴァレントな感情
  • 第5章 キリスト教、イスラム教と性道徳
  • 第6章 インド、中国-もうひとつの見方
  • 第7章 中世ヨーロッパ
  • 第8章 宗教改革と梅毒
  • 第9章 王侯と平民
  • 第10章 統制と現状維持
  • 第11章 アメリカでは
  • 第12章 医学とセックスと女性
  • 第13章 廃娼運動と法律
  • 第14章 変わりゆく二重規範

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 売春の社会史 : 古代オリエントから現代まで
著作者等 Bullough, Bonnie
Bullough, Vern L
Bullough, Vern L.
家本 清美
岩倉 桂子
香川 檀
ブーロー ボニー
ブーロー バーン
書名ヨミ バイシュン ノ シャカイシ
書名別名 Women and prostitution
出版元 筑摩書房
刊行年月 1991.6
ページ数 496, 10p
大きさ 22cm
ISBN 4480855734
NCID BN06429315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91053504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想