脳の探求者ラモニ・カハール

万年甫 著

床屋外科医の息子として1852年に、スペインはピレネー山脈の麓の寒村に生れ、悪戯の限りを尽して成長した少年が長じて医学を志し、顕微鏡に出会って夢中になる。そして脳という当時まだ斧知らぬジャングルにわけ入って、さまざまの場所の細胞の構造を明らかにし、今日の神経科学の基礎である「ニューロン説」を提唱したラモニ・カハールの生涯を、彼を導きの光として脳解剖学の道を歩んできた著者によって初めて紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 スペインの星ラモニ・カハール
  • 第1章 手に負えぬ悪童
  • 第2章 突然の改心-医学を目指して
  • 第3章 軍医としてキューバへ
  • 第4章 解剖学者として再出発
  • 第5章 ヴァレンシア大学教授として-コレラの研究とゴルジ法との出会い
  • 第6章 バルセロナ大学教授として-相次ぐ新発見とニューロン説の提唱
  • 第7章 マドリッド大学教授として-飽くなき研究
  • 第8章 アメリカ合衆国訪問
  • 第9章 数々の栄誉、そしてノーベル賞
  • 第10章 燃えさかる研究欲-神経の変性と再生、神経グリア細胞の研究
  • 第11章 晩年
  • 終章 カハール研究所を訪れて
  • ラモニ・カハール略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳の探求者ラモニ・カハール
著作者等 Ramón y Cajal, Santiago
万年 甫
書名ヨミ ノウ ノ タンキュウシャ ラモニ カハール
書名別名 スペインの輝ける星
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.6
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4121010272
NCID BN06426430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91056405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想