群像日本の作家  13

大岡信 [ほか]編

顔を知らず命日も覚えない父母の死。祖母、姉が死に、盲目老残の祖父を看取った15歳の少年康成。ノーベル賞受賞の4年後、自ら命を断った康成、72歳。日本の美と抒情に彩られた川端文学を通徹する"強靭な孤独"と"死"の秘密。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 作家アルバム 川端康成アルバム
  • 書下ろしエッセイ 美と犯の世界
  • 作家論(川端康成の芸術
  • 川端康成対横光利一
  • 絶体絶命の境 ほか)
  • 同時代の批評(感情装飾-近頃の雑筆
  • 川端康成)
  • 生原稿で作品を読む 『山の音』
  • ひと(『新思潮』時代の川端康成
  • 出会い
  • 川端康成との50年 ほか)
  • 作品論(川端文学のエロティシズム
  • 「伊豆の踊子」の位相と構造
  • 川端の傲慢 ほか)
  • 回想(「禽獣」のひと
  • 生涯一片の山水 ほか)
  • 川端康成文学紀行
  • 文学散歩地図 『伊豆の踊子』
  • 対談 川端康成の妖と気(中上健次・辻井喬)
  • 川端の死(辛抱づよいニヒリスト
  • 孤独な現実主義者 ほか)
  • 川端康成の作品
  • 代表作ガイド
  • 収録諸稿について
  • 川端康成年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 群像日本の作家
著作者等 大岡 信
田久保 英夫
書名ヨミ グンゾウ ニホン ノ サッカ
書名別名 川端康成

Gunzo nihon no sakka
巻冊次 13
出版元 小学館
刊行年月 1991.7
ページ数 323p
大きさ 20cm
ISBN 4095670134
NCID BN06423895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91058549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
川端康成 田久保 英夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想