食料経済

高橋正郎 編著

新進気鋭の食品経済学者らが、広い視野から討議を重ねてまとめたユニークな食料経済テキスト。私たちが何気なく消費している食料や食品の、生産・製造から食卓に届くまでのプロセスとそこに潜むさまざまな問題を、最新の資料によりわかりやすく説き明かす。そして、真に"豊かな食生活"に必要な食料・食品を安定的に確保するための"永続的システム"を、食生活の面や、資源の有限性、環境問題など地球的な観点から考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 食料経済で何を学ぶか-食卓からさかのぼってそのフードチェーンのしくみをたずねる
  • 1編 "豊かな食卓"を解析すれば(食生活の変遷と特徴
  • 成熟段階にきた食の需給
  • すすむ食生活の外部化)
  • 2編 遠ざかる農場から食卓への距離(農畜水産物の生産
  • 食品製造業・農産加工
  • 食品の流通
  • 増える食料輸入)
  • 3編 国民食料の安定確保(世界の食料問題
  • 日本の食料政策
  • 日本の食料問題を考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食料経済
著作者等 高橋 正郎
書名ヨミ ショクリョウ ケイザイ
出版元 理工学社
刊行年月 1991.4
ページ数 194p
大きさ 22cm
ISBN 4844564366
NCID BN06422859
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想