古典派経済学 : スミス,リカードウ,ミル,マルクス

サミュエル・ホランダー 著 ; 千賀重義 ほか訳

[目次]

  • アダム・スミスの先行者たち-概観
  • 重農主義者たち
  • スミスの価値と分配の理論
  • リカードウの価値と分配の理論
  • ミルの価値と分配の理論
  • スミスの資本・雇用・成長理論
  • リカードウの資本・雇用・成長理論
  • ミルの資本・雇用・成長理論
  • 貨幣と銀行業
  • スミスの方法論
  • リカードウの方法論
  • ミルの方法論
  • マルクスの経済学の古典派的特徴
  • 若干の知的つながり
  • 結論 古典派とその後
  • 付録 スラッファ・モデル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古典派経済学 : スミス,リカードウ,ミル,マルクス
著作者等 Hollander, Samuel
千賀 重義
服部 正治
渡会 勝義
ホランダー サミュエル
書名ヨミ コテンハ ケイザイガク
書名別名 Classical economics

Kotenha keizaigaku
出版元 多賀
刊行年月 1991.6
ページ数 616p
大きさ 22cm
ISBN 4811512596
NCID BN06417892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91051973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想