国家賠償法の研究

古崎慶長 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 序論 / p1
  • 第一節 序説 / p1
  • 第二節 我が国国家賠償制度 / p4
  • 第一款 国家賠償小史 / p4
  • 第二款 憲法第一七条 / p6
  • 第三款 国家賠償法の成立 / p8
  • 第四款 国家賠償法の法的性格 / p12
  • 第五款 国家賠償法の構造 / p18
  • 第六款 国家賠償法の実際 / p19
  • 第三節 各国国家賠償制度 / p22
  • 第一款 西独逸国 / p22
  • 第二款 仏蘭西国 / p31
  • 第三款 英国 / p38
  • 第四款 米国 / p48
  • 第五款 その他の諸国 / p59
  • 第二章 本論 / p62
  • 第一節 国家賠償法第一条の考察 / p62
  • 第一款 国又は公共団体の公権力を行使する公務員 / p63
  • 第一項 国又は公共団体 / p63
  • 第二項 公権力の行使 / p66
  • 第三項 公務員 / p79
  • 第一目 公務員の意義 / p79
  • 第二目 補助機関、諮問機関 / p82
  • 第四項 結語 / p84
  • 第二款 職務を行うについて / p87
  • 第一項 意義 / p87
  • 第二項 非番中の行為 / p94
  • 第三項 職務管轄以外の行為 / p94
  • 第四項 職権乱用の行為 / p95
  • 第三款 故意又は過失 / p98
  • 第四款 違法 / p104
  • 第一項 意義 / p104
  • 第二項 統治行為と違法 / p107
  • 第三項 裁量行為と違法 / p112
  • 第四項 特別権力関係内部における権力主体の行為と違法 / p114
  • 第五項 取消原因をもつ違法処分の取消期間徒過と違法 / p115
  • 第六項 勤務関係の法違反と違法 / p117
  • 第七項 上司の職務命令と違法 / p118
  • 第五款 損害 / p122
  • 第一項 意義 / p122
  • 第二項 不可抗力にもとずく損害 / p125
  • 第六款 賠償責任 / p126
  • 第一項 賠償責任の本質 / p126
  • 第二項 違法な職務を執行した公務員の個人責任 / p133
  • 第七款 求償権 / p148
  • 第二節 国家賠償法第二条の考察 / p152
  • 第一款 総説 / p152
  • 第二款 公の営造物 / p156
  • 第三款 設置又は管理の瑕疵 / p158
  • 第四款 損害 / p160
  • 第五款 賠償責任 / p160
  • 第六款 求償権 / p164
  • 第三節 国家賠償法第三条の考察 / p165
  • 第一款 総説 / p166
  • 第二款 内部関係において損害を賠償する責任ある者 / p170
  • 第四節 国家賠償法第四条の考察 / p171
  • 第一款 本条の意義 / p172
  • 第二款 私経済作用 / p173
  • 第三款 民法の規定の適用 / p176
  • 第五節 国家賠償法第五条の考察 / p181
  • 第一款 本条の意義 / p182
  • 第二款 特別法において賠償責任を無条件に否定する規定と憲法第一七条 / p184
  • 第六節 国家賠償法第六条の考察 / p185
  • 第七節 附則 / p188
  • 第八節 訴訟法上の諸問題 / p192
  • 第一款 行政事件訴訟特例法第六条の所謂関連請求の問題 / p192
  • 第二款 訴の変更の問題 / p194
  • 第三款 仮執行宣言の問題 / p198
  • 主なる文献 / p200
  • 附録 独、米国国家賠償法原文 / p212

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国家賠償法の研究
著作者等 古崎 慶長
司法研修所
書名ヨミ コッカ バイショウホウ ノ ケンキュウ
シリーズ名 司法研究報告書 ; 第8輯 第3号
出版元 司法研修所
刊行年月 1955
ページ数 212p
大きさ 21cm
NCID BN06412797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60007364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想