人間関係学序説 : 現象学的社会心理学の展開

早坂泰次郎 著

本書は、現象学的視点にたつ研究・実践の蓄積と、みずから20年余にわたる臨床の場(IPRトレイニング)に身をおいてきた体験をふまえて、人間関係の存在論的な解明にむけてふかく考察を加えていくもので、あたらしい人間関係学の理論と実践の構築をめざした労作・定本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人間関係学の課題と方法(「人間関係」ということば
  • 方法としての人間関係
  • 人間関係学の提唱
  • 現実科学としての心理学
  • 心理学の現象学的展開
  • 二つの科学-somethingnessとnothingness
  • 認識経験における公的と私的)
  • 第2部 人間関係学の諸問題(セルフ・コントロールと自己変容
  • フロム・ライヒマンにおける「役割」の問題
  • 「出会い」の心理学
  • 日本人の自己
  • 現代の人間科学と精神分析
  • 宗教と科学
  • 意識と気づき
  • 行動と意識)
  • 第3部 グループ・アプローチと人間関係学(身体的リアリティとしてのグループ
  • 集団の現象学-グループ・アプローチへの方法論的寄与)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間関係学序説 : 現象学的社会心理学の展開
著作者等 早坂 泰次郎
書名ヨミ ニンゲン カンケイガク ジョセツ
出版元 川島書店
刊行年月 1991.4
ページ数 312p
大きさ 22cm
ISBN 4761004444
NCID BN06409056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91042202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想