粛清の嵐と「プラハの春」 : チェコとスロヴァキアの40年

林忠行 著

50年代の粛清の嵐を生き残った民主改革派は、チェコ主導の政治に反感を持つスロヴァキア派と組んで68年に政権を獲得、民衆の下からの動きが呼応しプラハの春が訪れる。だが、ソ連の介入にスロヴァキア派は-。新しい視点からプラハの春を見直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦後改革と連立政権
  • スターリン化と粛清
  • 改革の序曲
  • 1968年改革と軍事干渉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 粛清の嵐と「プラハの春」 : チェコとスロヴァキアの40年
著作者等 林 忠行
書名ヨミ シュクセイ ノ アラシ ト プラハ ノ ハル
書名別名 Shukusei no arashi to puraha no haru
シリーズ名 シリーズ東欧現代史 3
岩波ブックレット 3
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.6
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 4000031449
NCID BN06407345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91050603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想