神モーツァルトと小鳥たちの世界

マルセル・モレ 著 ; 石井宏 訳

モーツァルトの音楽は天使の来訪である。神に愛されし者アマデウスの魅力を豊かなイマジネーションで綴る哲学エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 天使の来訪
  • 2 天使とティンパニスト
  • 3 間奏曲
  • 4 パウル・クレーの見たモーツァルト
  • 5 メシアンの見たモーツァルト
  • 6 翼の生えたシンフォニー
  • 7 神モーツァルト
  • 8 神モーツァルトの受難
  • 9 モーツァルトの音楽、その受難の投影(ドン・ジョヴァンニ)
  • 10 モーツァルトの音楽、神の受難の投影(魔笛)
  • 11 モーツァルトとバッハ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神モーツァルトと小鳥たちの世界
著作者等 Moré, Marcel
石井 宏
モレ マルセル
書名ヨミ カミ モーツァルト ト コトリタチ ノ セカイ
書名別名 Le dieu Mozart et le monde des oiseaux
出版元 東京書籍
刊行年月 1991.5
ページ数 209p
大きさ 20cm
ISBN 4487760992
NCID BN06407254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91041151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想