カチンの森とワルシャワ蜂起 : ポーランドの歴史の見直し

渡辺克義 著

1944年、レジスタンスがワルシャワで一斉蜂起した。しかし、ソ連軍はこれを助けず、蜂起はドイツ軍により鎮圧される。その1年前には、ソ連領内のカチンの森で、数千のポーランド将校の死体が発見されていた…。東欧戦後史の二つのタブーに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カチンの森事件
  • ワルシャワ蜂起

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カチンの森とワルシャワ蜂起 : ポーランドの歴史の見直し
著作者等 渡辺 克義
書名ヨミ カチン ノ モリ ト ワルシャワ ホウキ
書名別名 Kachin no mori to warushawa hoki
シリーズ名 シリーズ東欧現代史 1
岩波ブックレット 1
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.6
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 4000031422
NCID BN06406954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91050527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想