ナゼ日本人ハ死ヌホド働クノデスカ?

ダグラス・ラミス, 斎藤茂男 [述]

日本人を過労死に追いやっているものは何か。働く人はいい人だという倫理観、組織への帰属意識、仕掛けられた自発性…。本来、人間が働くというのは、自分が人間らしく少しずつ発達していくということではないか。労働観の転換を、組合運動の復活をと熱っぽく語り合う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ働きすぎるのか
  • 人間が働くということ
  • 労働観の転換を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナゼ日本人ハ死ヌホド働クノデスカ?
著作者等 Lummis, C. Douglas
斎藤 茂男
ラミス C.ダグラス
書名ヨミ ナゼ ニホンジン ワ シヌホド ハタラク ノ デスカ
書名別名 対談

Naze nihonjin wa shinuhodo hataraku no desuka
シリーズ名 岩波ブックレット no.198
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.6
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 4000031384
NCID BN06403082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91050702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想