世界音楽への招待 : 民族音楽学入門

柘植元一 著

ヨーロッパのクラシック以外の異文化の音楽を一様に「民族音楽」と呼んで区別してきた従来の音楽観は、どこか歪んではいないだろうか?本書は、民族音楽学をめぐる様々の問題を通じて人類の音楽とは何かを考えながら世界の諸民族の音楽文化への接近法を案内する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 音楽の世界
  • 第2章 異文化の音楽
  • 第3章 フィールドワーク
  • 第4章 音楽家と音楽性
  • 第5章 楽器・音具
  • 第6章 サウンド・アーカイヴズ
  • 第7章 音楽民族誌・音楽誌・音楽書誌
  • 第8章 音の視覚化
  • 第9章 音体系
  • 第10章 リズム構造
  • 第11章 音楽の伝播と変容
  • 第12章 民謡と民俗音楽
  • 第13章 音楽の普遍性
  • 第14章 音楽考古学と民族音楽学
  • 第15章 「日本人の音楽」
  • 第16章 西洋音楽と諸民族の音楽
  • 第17章 ディスコグラフィーとフィルモグラフィー
  • 付章(「民族音楽」と音楽教育
  • 民族音楽学を志す人びとのために
  • 民族音楽学と学会・協会)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界音楽への招待 : 民族音楽学入門
著作者等 柘植 元一
書名ヨミ セカイ オンガク エノ ショウタイ
書名別名 Sekai ongaku eno shotai
出版元 音楽之友社
刊行年月 1991.6
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 4276135303
NCID BN06398776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91045496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想