ドイツ統一 : 夢と現実

G.クノップ, E.クーン 著 ; 小林聡人 ほか訳

19世紀のドイツ帝国誕生から、ナチス体制の成立、第二次世界大戦、東西の分裂を経て統一達成にいたるまでの歴史的軌跡を、現代史家・政治家・外交官などの証言をまじえながら綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-ドイツ統一とヨーロッパ
  • 序章 統一の夢-ハンバハから現在まで
  • 第1章 ゆがめられた統一
  • 第2章 押しつけられた分裂
  • 第3章 逃したチャンス-スターリン・ノートをめぐる確執
  • 第4章 「再統一」のメルヘン-人民暴動から壁の建設まで
  • 第5章 2つの国家、1つの民族
  • 第6章 ドイツ革命
  • 終章 ドイツ-「統一の祖国」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ統一 : 夢と現実
著作者等 Knopp, Guido
Kuhn, Ekkehard
小林 聡人
望田 幸男
クーン E.
クノップ G.
書名ヨミ ドイツ トウイツ
書名別名 Die Deutsche Einheit

Doitsu toitsu
シリーズ名 ドイツ第二テレビ放送シリーズ
出版元 晃洋書房
刊行年月 1991.6
ページ数 245, 3p
大きさ 21cm
ISBN 4771005346
NCID BN06391642
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91050525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想