米国刑事判例の動向 : 合衆国最高裁判所判決  1

渥美東洋 編

アメリカ合衆国最高裁判所の刑事法に関し、公表された諸判断を網羅的に研究し、またはその結果を「比較法雑誌」に発表してきた。今度、書物の形式に改めて、合衆国憲法の修正条項別に、紹介した裁判をまとめることにした。今日まで、書物の形式に纒めうるように整理した紹介分のうち、合衆衆国憲法第5修正The Fifth Amendment to the Constitutionに関連したものが「1」に収められた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 黙秘権・自己負罪許否特権(被疑者取調
  • ミランダ告知の要否
  • ミランダ違反の毒樹性の有無
  • 黙秘を証言弾劾に用いることの可否
  • 死刑量定手続と黙秘権 ほか)
  • 2 二重危険禁止条項(ミストライアル・ディスミッサルと二重危険禁止条項
  • 危険の発生時期、前の無罪、政府上訴
  • 証拠評価の相違を理由とする破棄後の再度の公判の可否
  • 量刑と政府上訴
  • 再度の死刑量刑手続と二重危険禁止条項 ほか)
  • 3 検察官の裁量とデュー・プロセス(検察官による報復的訴追
  • 有罪答弁
  • 差別的法運用の有無
  • 証拠開示)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 米国刑事判例の動向 : 合衆国最高裁判所判決
著作者等 渥美 東洋
香川 喜八朗
書名ヨミ ベイコク ケイジ ハンレイ ノ ドウコウ
書名別名 第五修正関係 : 取調.二重危険禁止条項.刑事免責等

Beikoku keiji hanrei no doko
シリーズ名 日本比較法研究所研究叢書 13
巻冊次 1
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1989.2
ページ数 515p
大きさ 22cm
ISBN 4805705124
NCID BN06389651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89028024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想