病いと健康のあいだ

立川昭二 著

自分のからだの具合を挨拶がわりに口にする世界に稀な心性。病いを飼い馴らし、社会生活にとり込む術に長けた日本人の健康観を、過去に現代に探求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ、病いを語るのか
  • 元気と病気の間
  • 医療、この測れないもの
  • 「文化」としての病院
  • 今生は病む生なりき-医療人類学から
  • えやみの神や花鎮-医療民俗学から
  • 生と死のTOPOLOGY
  • 医と病いのGOODS
  • 痛みを知る
  • 痛みのことば
  • 養生からシェイプアップへ
  • 豊かな社会の見えない病い
  • 病むこと生きること
  • 歴史からみる現代医療
  • 時代の跫音、病いの物音

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病いと健康のあいだ
著作者等 立川 昭二
書名ヨミ ヤマイ ト ケンコウ ノ アイダ
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 1991.5
ページ数 225p
大きさ 20cm
ISBN 4106003988
NCID BN06383553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91040854
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想