栄養指導論

高橋泰二, 安倍和則 共著

成人病などの現代病が国民の健康に大きな脅威を及ぼす中で、より一層の重責を担う栄養士・管理栄養士の、栄養指導者としての役割、栄養指導に必要な知識、指導技術の実際とポイントを具体的に平易解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(栄養指導の意義
  • 栄養指導の歴史
  • 栄養指導と栄養士
  • 食生活と栄養指導
  • 今後における栄養指導
  • 栄養指導の方法と技術
  • 栄養所要量と食品構成
  • 栄養状態の評価
  • 栄養指導と運動指導
  • 栄養指導と休養指導)
  • 各論(年代別栄養指導
  • 妊婦・授乳婦の栄養指導
  • 単身者の栄養指導
  • 臨床栄養指導
  • 集団給食における栄養指導
  • 食生活・栄養に関する諸調査
  • 栄養指導と情報処理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 栄養指導論
著作者等 安倍 和則
高橋 泰二
書名ヨミ エイヨウ シドウロン
出版元 理工学社
刊行年月 1991.2
ページ数 198p
大きさ 22cm
ISBN 4844564307
NCID BN06379239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91026442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想