人間尊重五十年

出光佐三 著 ; 出光興産株式会社社長室 編

[目次]

  • 目次
  • 編集にあたって
  • 第一篇 物質尊重より人間尊重へ (昭和三十六年五月)
  • まえがき / p4
  • 一 世界は行き詰まっている / p5
  • 二 世界の行詰りを打開する道 / p15
  • 三 出光は日本人としての道を歩いてきた / p35
  • 四 日本民族の使命 / p45
  • 第二篇 五十年を顧みる
  • 黄金の奴隷となるな-戦前
  • 1 将来の収穫のために今こそ種を播こう-創業十周年記念日を迎えて (大正十年六月) / p52
  • 2 金の奴隷となるな、人を主とし金を従とせよ-第一回主任会議挨拶 (大正十年) / p54
  • 3 日本の道徳(犠牲心)こそ共存共栄の根底である-台湾行蓬莱丸船中にて (大正十四年九月) / p57
  • 4 協同一致は言うは易く行なうは難し-第四回主任会議挨拶 (大正十四年十一月) / p61
  • 5 外国の権利思想の行詰りとそれを解決する日本の道徳-第五回主任会議挨拶 (昭和二年十月) / p67
  • 6 店員指導は徹底的な親切心と率先垂範で当たれ-第九回主任会議挨拶 (昭和六年) / p71
  • 7 出光を壊すも盛り立てるも若い店員の指導いかんによる-第十回主任会議挨拶 (昭和十三年十二月) / p75
  • 8 人間尊重をわれわれの金科玉条とせよ-紀元二千六百年を迎えて店員諸君に与う (昭和十五年九月) / p78
  • 9 出光三十年の歩みに誤りなし-創業三十周年所感 (昭和十六年六月) / p130
  • 組織機構の奴隷となるな-戦時中
  • 1 真に働く姿を現わして国家社会に示唆を与えよ-南方進出壮行の辞 (昭和十七年七月) / p142
  • 2 組織機構にとらわれず簡素強力の行者たれ-聖戦第三年新春の辞 (昭和十九年一月) / p148
  • 戦い終わりて-終戦後
  • 1 玉音を拝して(愚痴をやめて再建にかかれ、三千年の歴史を見直せ)-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十年八月) / p174
  • 2 国体は世界的となった-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十年九月) / p181
  • 3 皇室に続いて国民も世界の檜舞台に上る-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十年十月) / p183
  • 4 活眼を開いてしばらく眠っていよ-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十年十一月) / p185
  • 5 来たるべき進路に積極的たるべし(ラジオ業の計画)-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十年十二月) / p186
  • 6 皇国の興廃この一年にあり-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十一年一月) / p188
  • 7 新しき発足(新しく入店したるラジオ部の人々のために)-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十一年二月) / p191
  • 8 敵をして味方たらしめよ-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十一年三月) / p199
  • 9 出光に馘首はない-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十一年六月) / p202
  • 10 出光の資本は人なり-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十一年十月) / p206
  • 権力の奴隷となるな-占領中
  • 1 われわれは不可能事を可能とせり-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十二年十一月) / p212
  • 2 使命と事業とをはっきり区別せよ-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十三年九月) / p217
  • 3 権力や謀略に屈せず、信念に生きよ-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十四年七月) / p221
  • 4 消費者本位へ立ち帰れ-支店長会議挨拶 (昭和二十六年四月) / p226
  • 5 正義は必ず勝つ-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十六年六月) / p235
  • 6 ペルシャ湾上の日章丸-イラン石油輸入第一次日章丸乗組員に与う (昭和二十八年三月) / p238
  • 7 国家百年の石油国策を樹てよ-支店長会議挨拶 (昭和二十八年四月) / p240
  • 8 われ俯仰天地に恥じず-日章丸乗組員に与う (昭和二十八年五月) / p251
  • 9 イラン問題の本質-支店長会議挨拶 (昭和二十八年十一月) / p253
  • 10 イラン石油の輸入で得たもの-「日本経済新聞」掲載 (昭和二十九年九月) / p258
  • 数や理論の奴隷となるな-独立後
  • 1 人間が真に働けばどれほどのことができるか-徳山製油所起工式挨拶 (昭和三十一年三月) / p266
  • 2 われらの主張は間違っていなかった-昭和三十二年度新入社員に対する訓辞 (昭和三十二年四月) / p275
  • 3 世界の驚異〝十カ月完成〟-徳山製油所竣工式挨拶 (昭和三十二年五月) / p290
  • 4 青年よ、明治精神に帰れ-第二回訪米旅行より帰りて (昭和三十四年五月) / p299
  • 五十年を迎えて
  • 1 次の五十年-新年拝賀式挨拶 (昭和三十六年一月) / p330
  • 2 誘惑に迷わず、妥協を排し、人間尊重五十年-創業五十周年記念式挨拶 (昭和三十六年十一月) / p335
  • 第三篇 折りに触れ、時に随い
  • 1 如何橋流而水不流-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十二年一月) / p347
  • 2 運営と経営-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十三年四月) / p351
  • 3 一生を楽しめ-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十三年七月) / p355
  • 4 恩人を語る-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十三年十二月) / p360
  • 5 事業と芸術-詔書奉読式における訓辞 (昭和二十四年十月) / p364
  • 6 内池廉吉博士と語る (昭和二十四年十一月) / p375
  • 7 仙厓和尚 (昭和二十五年三月) / p381
  • 8 宗像神社 (昭和二十五年七月) / p385
  • 9 夢 (昭和二十六年三月) / p390
  • 10 古稀を迎えて (昭和二十九年八月) / p392
  • 11 水を呑み冷暖自ら知る-雑誌『知性』十二月号掲載 (昭和二十九年) / p396
  • 12 理想の実現が私の仕事-臨時増刊『財界人物』掲載 (昭和三十年七月) / p403
  • 13 つとめて難関を歩め-幹部社員潤滑油教育における訓辞 (昭和三十一年八月) / p418
  • 14 体験から見た日本の神さま-国際宗教学宗教史会議外国学者有志会合において (昭和三十三年九月) / p443
  • 15 サム・フランシスと仙厓-雑誌『芸術新潮』十二月号掲載 (昭和三十四年十二月) / p448
  • 16 MRAと日本の無私-年頭所感 (昭和三十五年一月) / p455
  • 17 心の世界 (昭和三十六年一月) / p459
  • 18 永井老の夢物語 (昭和三十六年六月) / p463

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人間尊重五十年
著作者等 出光 佐三
出光興産株式会社
出光興産株式会社社長室
書名ヨミ ニンゲン ソンチョウ 50ネン
書名別名 Ningen soncho 50nen
出版元 春秋社
刊行年月 1962
版表示 普及版
ページ数 466p
大きさ 20cm
ISBN 4393685032
NCID BN06376988
BN11065794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62004938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想