人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代  17 (ふるさとの人と知恵・石川)

加藤秀俊 ほか編纂

勇壮な外浦と優美な内海の能登半島。白山が恵む清流と庶民信仰。百万石文化を花咲かせた加賀藩の施策と教育システムとは。天下の書府に集まった先人たち、伝統工芸に尽くした人びと。祭りに、朝市に、生活の営みと共にある知恵を求めて開き書き編んだ、石川圏の人づくり読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前章 近世の石川 その地域振興の足どり(加賀百万石の発足まで
  • 真宗王国と白山信仰が育んだ精神風土
  • 海国能登の生業と生活文化
  • 武家主導、城下町金沢の学芸 ほか)
  • 第1章 自治と助け合いの中で(加賀藩の改作法
  • 辰巳用水-板屋兵四郎による用水開削
  • 浦野事件と義民道閑
  • 正徳の大一揆 ほか)
  • 第2章 生業の振興と継承の中で(輪島塗
  • 焼畑農耕
  • 九谷焼
  • 加賀友禅
  • 御細工所 ほか)
  • 第3章 地域社会の教育システムの中で(前田綱紀
  • 石動山天平寺の教学
  • 藩校明倫堂と経武館
  • 郷校・集義堂と集学所
  • 私塾拠遊館
  • 武学校壮猶館と語学校道済館 ほか)
  • 第4章 子育てと家庭経営の知恵(白山信仰
  • アエノコト神事
  • お旅まつりと曳山歌舞伎 ほか)
  • 第5章 地域おこしに尽くした先駆者(五十嵐道甫
  • 任誓
  • 土屋又三郎
  • 加賀の千代女
  • 中村歌右衛門
  • 道下村の丹治
  • 銭屋五兵衛
  • 寺島蔵人
  • 枝権兵衛)
  • 資料編 石川

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人づくり風土記 : 全国の伝承・江戸時代
著作者等 佐々木 俊介
加藤 秀俊
吉田 豊
石川 松太郎
稲垣 史生
谷川 健一
書名ヨミ ヒトズクリ フドキ
書名別名 ふるさとの人と知恵・石川
シリーズ名 聞き書きによる知恵シリーズ
巻冊次 17 (ふるさとの人と知恵・石川)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1991.6
ページ数 389p
大きさ 27cm
ISBN 4540910078
NCID BN06375806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91060794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想