文化としての技術

佐和隆光 著

重化学工業の技術革新は高度経済成長を、石油危機は省エネ技術を、ハイテクは高度情報化社会を、地球環境問題は公害防除技術を生み出してきた。1955年以降の日本の産業経済・生活様式・社会思潮などの変容が、技術の進展といかに深くかかわりあってきたか-その解読をもとに90年代を展望する。ダイナミックな戦後日本文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代化と技術革新
  • 2 マスメディアとマイ・カー
  • 3 束の間の反技術
  • 4 技術の復権
  • 5 高度情報化社会を彩る「文化」
  • 6 技術革新のもたらす「不調和」
  • 7 さて何処へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化としての技術
著作者等 佐和 隆光
書名ヨミ ブンカ ト シテノ ギジュツ
書名別名 Bunka to shiteno gijutsu
シリーズ名 同時代ライブラリー 72
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.6
ページ数 270p
大きさ 16cm
ISBN 4002600726
NCID BN06371587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91056581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想