DNAに刻まれたヒトの歴史

長谷川政美 著

ゴリラ、チンパンジー、オランウータンの中でヒトに一番近いのはどれか?ヒトはこれらの類人猿からいつ分かれたのか?こうした疑問をひとつひとつ明らかにしながら、生物の全歴史の中でヒトが歩んできた道のりをふりかえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人類化石をめぐる論争
  • 2 分子人類学の発展
  • 3 生物進化の歴史をたどる
  • 4 DNAが語るヒトと類人猿の系統的な関係
  • 5 化石証拠との対比
  • 6 これからの課題と人類の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DNAに刻まれたヒトの歴史
著作者等 長谷川 政美
書名ヨミ ディーエヌエイ ニ キザマレタ ヒト ノ レキシ
シリーズ名 New science age 44
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.6
ページ数 131p
大きさ 19cm
ISBN 4000074040
NCID BN0636790X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91046678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想