映像産業の未来を考える

青木 貞伸【著】

21世紀をにらみ、CS、CATV、VTR、ハイビジョンなどの映像産業の未来を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「通信」と「放送」の境目が消えた
  • 第2章 ケーブルテレビの行方
  • 第3章 スペース・ケーブルネットを考える
  • 第4章 規制緩和が最大の育制策
  • 第5章 様変わりするビデオ市場
  • 第6章 ハードを賭けてのソフト戦略
  • 第7章 テーマパークと映像
  • 第8章 初の有料放送JSBの動向
  • 第9章 NHKの未来戦略
  • 第10章 MICO設立の波紋
  • 第11章 ハイビジョンの未来
  • 第12章 問題はハイビジョン・ソフト
  • 第13章 未来の映像と市民生活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映像産業の未来を考える
著作者等 青木 貞伸
書名ヨミ エイゾウサンギヨウノミライオカンガエル
出版元 電波新聞社
刊行年月 1991.4.20
ページ数 304p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 488554291X
NCID BN06367014
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想