新編・鬼の玉手箱 : 外部性の民俗学

小松和彦 著

民俗社会の外部は、鬼や妖怪や異人の棲む闇の世界である。それらは歴史の中で、常に無視され、排除されながら、民俗文化を負の世界から支えてきた。いま日本文化の全体像を明らかにするために鬼たちの歴史を秘めた「鬼の玉手箱」が開かれ、深い闇の世界を見せてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 民俗社会との交感
  • 2 闇の世界
  • 3 異界への橋
  • 4 鬼の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編・鬼の玉手箱 : 外部性の民俗学
著作者等 小松 和彦
書名ヨミ シンペン オニ ノ タマテバコ
書名別名 Shinpen oni no tamatebako
シリーズ名 福武文庫
出版元 福武書店
刊行年月 1991.4
ページ数 325p
大きさ 15cm
ISBN 4828831959
NCID BN06355048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91036719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想