広田弘毅

広田弘毅伝記刊行会 編

[目次]

  • 廣田弘毅/目次
  • 序にかえて 有田八郎 / p1
  • 例言 / p3
  • 第一編 修学時代 / p1
  • 一、広田丈太郎の生い立ち / p1
  • 二、丈太郎と玄洋社の関係 / p7
  • 三、外交官を志すまで / p10
  • 四、一高より東大へ / p13
  • 第二編 外務吏僚時代 / p36
  • 一、北京在勤のころ / p36
  • 二、ロンドン在勤のころ / p41
  • 三、夫人静子との結婚 / p45
  • 四、通商局第一課長のころ / p47
  • 第三編 海外駐箚使臣時代 / p73
  • 一、オランダ駐箚公使のころ / p73
  • 二、ソ連邦駐箚大使のころ / p81
  • 第四編 外務大臣時代 / p104
  • 一、斎藤内閣の外相となる / p104
  • 二、岡田内閣に留任 / p128
  • 第五編 内閣総理大臣時代 / p175
  • 一、広田内閣の組閣顛末 / p175
  • 二、まず「粛軍」の使命を完遂す / p190
  • 三、「庶政一新」計画をめぐって / p199
  • 四、重ねて日華国交調整に乗り出す / p217
  • 五、日独防共協定の成立 / p229
  • 六、広田内閣の末期 / p240
  • 第六編 第一次近衛内閣外相時代 / p249
  • 一、林内閣より第一次近衛内閣へ / p249
  • 二、盧溝橋事件の勃発と政府の対策 / p255
  • 三、支那事変処理根本方針決定まで / p273
  • 四、事変の拡大と広田外交 / p289
  • 五、広田外相の辞職 / p316
  • 第七編 重臣時代 / p326
  • 一、米内内閣の参議となる / p326
  • 二、重臣としての行動始まる / p327
  • 三、大東亜戦争中の重臣会議とその活躍 / p333
  • 四、広田特使派遣問題をめぐって / p344
  • 五、終戦工作への協力-広田・マリク会談の真相- / p354
  • 六、近衛特使派遣問題 / p369
  • 第八編 東京裁判と広田 / p373
  • 一、終戦前後のころ / p373
  • 二、広田、戦犯容疑で起訴される / p375
  • 三、東京裁判の開廷 / p380
  • 四、弁護団の弁護方針 / p381
  • 五、管轄権問題をめぐる論争 / p384
  • 六、法廷経過概要 / p386
  • 七、広田被告個人弁護段階 / p389
  • 八、検察側の反駁と弁護側の再反証 / p434
  • 九、最終論告行なわれる / p434
  • 一〇、広田のための最終弁論 / p446
  • 一一、判決下さる / p496
  • 一二、少数意見-広田無罪論 / p510
  • 一三、再審請求より処刑まで / p531
  • 一四、広田の巣鴨生活とその心境 / p542
  • 【補遺I】広田外務大臣訓示要領 / p562
  • 【補遺II】広田弘毅論 馬場恒吾 / p563
  • 遺芳録 / p567
  • 広田さんの印象 石井光次郎 / p569
  • 広田さんを懐う 真藤慎太郎 / p570
  • 広田さんの追憶 浦田格介 / p573
  • 亡友広田弘毅君の追憶 山田三良 / p575
  • 達見の人 須磨弥吉郎 / p578
  • 和蘭公使時代の広田先生 大鷹正次郎 / p582
  • 蝉の哀鳴 塩谷温 / p584
  • 軍事法廷で見た端座の姿勢 塚本武史 / p589
  • 追憶広田弘毅君(偶披匣底得此稿) 末永節 / p592
  • 広田さんの追憶 芳沢謙吉 / p593
  • 広田先生の思出 根岸佶 / p595
  • 恩師広田さんを憶う 安東義良 / p598
  • 広田弘毅さんを憶う 堀内謙介 / p600
  • 忘れ得ぬ広田先生の憶出 安部十二造 / p603
  • 広田さんという人 荒井渓吉 / p607
  • 故広田弘毅君の思い出 大蔵公望 / p611
  • 国務大臣となってからの広田さん 林正義 / p613
  • 広田さんと私 吉田丹一郎 / p616
  • 広田弘毅年譜 / p619
  • 広田弘毅伝作成に参与して 守島伍郎 / p641

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 広田弘毅
著作者等 広田弘毅伝記刊行会
書名ヨミ ヒロタ コウキ
書名別名 Hirota koki
出版元 広田弘毅伝記刊行会
刊行年月 1966
ページ数 646p 図版
大きさ 23cm
NCID BN06354486
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67008316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想