戦争と短歌

近藤芳美 著

"のぞみなき事といひつつ顔を剃り突撃隊を率ゐ行かしし"-戦争に加わって戦った多くの無名の兵士たち。彼らは何を思い、何を考え、それをどのように歌いのこしてきたか-。『支那事変歌集』をもとに、1つひとつ作品をとりあげながら、詩歌の真実を語りかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 15年戦争のなかで
  • 同時代の学生として
  • 教え子は行方も知らず
  • 泥にまみれしリーダー
  • 人間の真実としての詩歌
  • うたい、よみ交わされ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と短歌
著作者等 近藤 芳美
書名ヨミ センソウ ト タンカ
シリーズ名 岩波ブックレット no.197
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.5
ページ数 62p
大きさ 21cm
ISBN 4000031376
NCID BN06349715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91044210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想