労働の人間化を求めて

嶺学 著

労働の社会的有用性の自覚、仕事そのものの面白さ、円滑で対話のある職場関係、生涯設計や家庭生活との調和-豊かで人間的な労働生活のために、職場と仕事をどう変えゆくか、労働・組織・技術を人間の必要と欲求にどう適合させてゆくか、労働現場の動向を背景に考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 課題と背景
  • 第2章 自己実現的管理とその問題点
  • 第3章 電機労連の労働の人間化関連政策
  • 第4章 全逓の労働の人間化政策とその背景
  • 第5章 大企業における配置と仕事の配分の柔軟性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働の人間化を求めて
著作者等 嶺 学
書名ヨミ ロウドウ ノ ニンゲンカ オ モトメテ
書名別名 労使関係の新課題
シリーズ名 叢書/現代の社会科学
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1991.5
ページ数 204, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4588600222
NCID BN06340222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93062666
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想