伊藤博文

馬場恒吾 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 英國留學まで
  • 一、 議事堂前の銅像 / 3
  • 二、 靑瓢簞の利助 / 4
  • 三、 二人の恩師 / 7
  • 四、 周旋家の誕生 / 10
  • 五、 安政の大獄 / 12
  • 六、 成破の盟約 / 15
  • 七、 坂下門の事件 / 17
  • 八、 暗殺失敗 / 20
  • 九、 來原の切腹 / 22
  • 十、 御殿山燒打 / 24
  • 十一、 長州京都を制す / 27
  • 十二、 士分に取立 / 30
  • 十三、 英國に留學 / 34
  • 第二編 新政府樹立まで
  • 一、 五人の留學生 / 41
  • 二、 八・一八政變 / 43
  • 三、 最初の外交(一) / 46
  • 四、 最初の外交(二) / 48
  • 五、 禁門戰爭 / 51
  • 六、 聯合艦隊襲來 / 53
  • 七、 止戰講和 / 56
  • 八、 下關條約 / 59
  • 九、 第一次長州征伐 / 62
  • 十、 討姦檄 / 64
  • 十一、 馬關開港策 / 67
  • 十二、 第二次長州征伐 / 70
  • 十三、 武器購入 / 72
  • 十四、 薩長協和 / 74
  • 十五、 明治天皇の御踐祚 / 78
  • 十六、 薩土盟約 / 80
  • 十七、 大政奉還と討幕密詔 / 84
  • 十八、 新政府成立 / 87
  • 十九、 御前會議沸騰 / 89
  • 二十、 伊藤新政府に入る / 92
  • 第三編 憲法發布まで
  • 一、 五ヶ條御誓文 / 99
  • 二、 兵庫縣知事に任官 / 101
  • 三、 國是綱目を上る / 104
  • 四、 築地の梁山泊 / 108
  • 五、 米國に出張す / 111
  • 六、 岩倉大使の派遣 / 115
  • 七、 日の丸演說 / 118
  • 八、 歐洲諸國を巡遊 / 121
  • 九、 征韓論 / 123
  • 十、 征韓論の餘波 / 129
  • 十一、 臺灣出兵 / 129
  • 十二、 大阪會議を周旋 / 133
  • 十三、 内亂時代 / 137
  • 十四、 大久保遭難と侍補問題 / 140
  • 十五、 大隈伊藤の提携破綻す / 143
  • 十六、 立憲政體意見書 / 146
  • 十七、 明治十四年政變 / 150
  • 十八、 歐洲へ憲法留學 / 153
  • 十九、 第一次伊藤内閣成立 / 158
  • 二十、 再び大隈と握手 / 162
  • 二十一、 欽定憲法發布 / 165
  • 第四編 政治家としての伊藤
  • 一、 大隈の條約改正 / 173
  • 二、 第一議會開會 / 176
  • 三、 大津事件 / 180
  • 四、 薩長禮讃と選擧干涉 / 185
  • 五、 條約改正に成功 / 188
  • 六、 日淸開戰 / 194
  • 七、 軍國議會 / 198
  • 八、 李鴻章と伊藤 / 201
  • 九、 下關條約成立 / 206
  • 十、 三國干涉 / 210
  • 十一、 三度内閣を組織す / 214
  • 十二、 最初の政黨内閣 / 218
  • 十三、 立憲政友會を組織 / 224
  • 十四、 第四次伊藤内閣 / 227
  • 十五、 桂内閣 / 229
  • 十六、 最後の聖斷 / 234
  • 十七、 韓國統監と成る / 237
  • 十八、 皇太子殿下御渡韓 / 241
  • 十九、 哈爾賓驛頭 / 244
  • 二十、 伊藤の家庭 / 247

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 伊藤博文
著作者等 馬場 恒吾
書名ヨミ イトウ ヒロブミ
出版元 潮文閣
刊行年月 1942.10
ページ数 247p
大きさ 19cm
NCID BN06330535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20098753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想