臨死の思想 : 老いと死のかなた

山折哲雄 著

医学・医療・看護をめぐる未知の難問の背後で、日本人の伝統的死生観がいま切実に問われている。いかに老いるか、いかに死すか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 臨死の思想-序にかえて
  • 900年前の「往生」
  • ブッダとオキナ-死と成熟の表情
  • 仏陀80年・親鸞90年
  • 「性」のなかの生死
  • 日本人の死生観
  • 「たましい」のゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨死の思想 : 老いと死のかなた
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ リンシ ノ シソウ
書名別名 Rinshi no shiso
出版元 人文書院
刊行年月 1991.5
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 4409410504
NCID BN06321498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92019960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想