古墳時代の研究  第6巻 (土師器と須恵器)

石野博信 [ほか]編

この時代を代表する土師・須恵二つの土器は、いかなる変容をたどりつつ、各地域に特徴的に根を下ろしていったか、また伝播していったかを検証する。

「BOOKデータベース」より

この時代を代表する土師・須恵二つの土器は、いかなる変容をたどりつつ、各地域に特徴的に根を下ろしていったか、また伝播していったかを検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論
  • 2 土師器の編年
  • 3 須恵器の編年
  • 4 土師器の移動
  • 5 陶質土器とその分布
  • 6 胎土分析

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 土師器の編年
  • 須恵器の編年
  • 土師器の移動
  • 陶質土器とその分布
  • 胎土分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古墳時代の研究
著作者等 岩崎 卓也
河上 邦彦
白石 太一郎
石野 博信
書名ヨミ コフン ジダイ ノ ケンキュウ
書名別名 土師器と須恵器
巻冊次 第6巻 (土師器と須恵器)
出版元 雄山閣
刊行年月 1998.3
版表示 [第2版]
ページ数 269p 図版18枚
大きさ 26cm
ISBN 4639010303
NCID BA3577843X
BN06316363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99008003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想