長崎海軍伝習所 : 十九世紀東西文化の接点

藤井哲博 著

19世紀、日本の西欧文明受容は、幕末長崎での海軍・造機・医学の伝習で頂点に達する。長崎奉行・水野忠徳の海軍創設構想の下、長崎に参集した幕府、佐賀藩および諸藩の伝習生たちは、オランダ教師団との文化ギャップをいかに乗り越え、咸臨丸の遠洋航海に槽ぎつけたか。本書は伝習生の構成・顔触れ、伝習期間、伝習教科、伝習所の日々の生活、咸臨丸の遠洋航海等を、西欧のネイバル・ルネッサンスを背景に、つぶさに活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海軍伝習所設立にいたるまで
  • 日本人伝習生の構成とその顔触れ
  • オランダ教師団の構成と科目分担およびその内容・程度
  • 長崎海軍伝習所の日々
  • 咸臨丸の遠洋航海
  • 19世紀のネイバル・ルネッサンス
  • 幕府海軍のその後
  • 明治の科学技術近代化の核となったオランダ海軍伝習

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長崎海軍伝習所 : 十九世紀東西文化の接点
著作者等 藤井 哲博
書名ヨミ ナガサキ カイグン デンシュウジョ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.5
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 4121010248
NCID BN06311756
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91043432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想