プルーストからコレットへ : いかにして風俗小説を読むか

工藤庸子 著

世紀末から1920年代、パリの文壇にあった2人の作家は、政治思想や倫理道徳の価値基準とは無縁の世界を生き、書き綴った。それが過ぎ去った時代の証言としてたえず読み返されるのはなぜか。小説だけがすくいとることのできる時代精神のありよう、すなわち「風俗」があざやかに映し出されているからである。本書は「風俗を反映しつつそれ自体が風俗的存在でもある文学」という観点から作品を読み、時代の中に位置づける試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 出逢い(プルーストからコレットへ-一通の手紙
  • 女たちの風俗
  • 2人のココット、2人の作家
  • サロンの風景
  • プルースト、コレット、ウィリー)
  • 第2章 男と女(『バイロイトとホモセクシュアリティ』
  • 小説に描かれた性風俗
  • 風俗の中の作家
  • ソドムの地獄
  • 神々の黄昏)
  • 第3章 世紀末から1920年代へ(アンドレ・ジッドの手紙
  • コレットの「失われた時」
  • プルーストのスポーツ娘と「新しい女」コレット
  • 身体と言葉
  • 1920年代の娘たち、あるいは『牝猫』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プルーストからコレットへ : いかにして風俗小説を読むか
著作者等 工藤 庸子
書名ヨミ プルースト カラ コレット エ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1991.5
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 412101023X
NCID BN06311687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91044478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想