フランスの民族学

ジャン・キュイズニエ, マルティーヌ・セガレン 著 ; 樋口淳, 野村訓子 共訳

ブルターニュやラングドックを始め、様々な言語と民族をかかえたフランスは、民族学の格好の対象である。本書は、民俗学と民族学の歴史をたどりながら、「単一文化幻想を打ちこわし、多様性をいかに発見するか」という課題に答え、異文化のせめぎ合うフランスの実像に迫る刺激的な一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民俗学から民族学へ
  • 第2章 フランスの民族誌と博物館
  • 第3章 フランス民族学に向かって
  • 第4章 技術と文化
  • 第5章 社会組織
  • 第6章 表現体系・儀礼・象徴

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランスの民族学
著作者等 Cuisenier, Jean
Segalen, Martine
樋口 淳
野村 訓子
セガレン マルティーヌ
キュイズニエ ジャン
書名ヨミ フランス ノ ミンゾクガク
書名別名 Ethnologie de la France

Furansu no minzokugaku
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1991.5
ページ数 143, 17p
大きさ 18cm
ISBN 4560057192
NCID BN06311530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91045178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想