相続  上

有泉亨, 加藤一郎 編

[目次]

  • 目次
  • はしがき / p3
  • その一 相続の仕組み / p15
  • 1 長男単独相続から均分相続へ / p15
  • 2 戸主相続(家産相続)から純粋の財産相続へ / p17
  • 3 祭祀承継・家名承継について / p21
  • 4 いまの相続の仕組み / p25
  • 5 相続の開始 / p31
  • その二 配偶者の相続権 / p36
  • 1 その性格 / p36
  • 2 妻の寄与財産 / p40
  • 3 妻の相続権に対する意識 / p46
  • 4 内縁の妻と相続権 / p52
  • 5 配偶者の相続分 / p58
  • その三 直系卑属の相続権 / p68
  • 1 均分相続の原則 / p68
  • 2 嫁に行った娘、養子に行った子の相続権 / p73
  • 3 養子の相続権 / p81
  • 4 非嫡出子の相続分 / p86
  • 5 胎児と相続 / p103
  • 6 均分相続はどう考えられているか / p107
  • 7 相続と扶養 / p110
  • その四 直系尊属・兄弟姉妹の相続権、および相続人の不存在 / p118
  • 1 直系尊属の相続 / p118
  • 2 兄弟姉妹の相続 / p119
  • 3 相続人の不存在 / p121
  • その五 代襲相続の諸問題 / p125
  • 1 代襲相続人とその相続分 / p125
  • 2 代襲相続人になれるかどうか問題になる者 / p128
  • 3 妻に代襲相続権を認めるべきか / p132
  • 4 孫だけの相続は代襲か / p134
  • 5 父母の代襲 / p138
  • 6 兄弟姉妹の代襲 / p139
  • 7 孫と甥姪の相続についての立法論 / p141
  • 8 妻の相続分の代襲を認めるべきか / p143
  • その六 相続人の欠格と廃除 / p145
  • 1 欠格と廃除の仕組み / p145
  • 2 廃除事由をめぐる諸問題 / p150
  • 3 廃除についてのその他の問題 / p154
  • その七 遺言相続 / p157
  • 1 遺言相続と法定相続 / p157
  • 2 遺言でできること / p162
  • 3 遺留分 / p167
  • 4 遺言のしかた / p172
  • 5 遺言の執行 / p185
  • 6 遺言をすることの是非 / p189
  • その八 相続の承認と放棄 / p198
  • 1 承認・放棄の制度 / p198
  • 2 放棄の制度と実態 / p199
  • 3 放棄の手続 / p221
  • 4 放棄の法律的効果 / p228
  • 5 事実上の放棄のあと始末 / p238
  • 6 限定承認 / p249
  • 7 単純承認 / p260

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 相続
著作者等 加藤 一郎
有泉 亨
書名ヨミ ソウゾク
シリーズ名 法学新書
巻冊次
出版元 河出書房
刊行年月 1956
ページ数 2冊
大きさ 18cm
NCID BN06301865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56011237
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想