雪の民具

勝部正郊 著

かつて、雪橇曳きは雪にとざされた村々の唯一の現金収入源であった。修羅、大持などの大橇を曳いて、また竹や藁で作った橇を駆って雪国の男たちは厳しく、激しい労働にたちむかった。雪橇曳きの古老を訪ねて10年。今ここにその全貌を記す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 雪ふる国の運搬具(雪橇曳きの沿革
  • 雪橇の構造
  • 雪橇曳きの実際
  • 雪橇曳きの暮らし)
  • 第2部 日本列島雪橇曳き聞き書き
  • 雪橇曳きに関する各地の聞き書き資料の概要

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雪の民具
著作者等 勝部 正郊
書名ヨミ ユキ ノ ミング
書名別名 Yuki no mingu
シリーズ名 考古民俗叢書
出版元 慶友社
刊行年月 1991.5
ページ数 361p
大きさ 22cm
ISBN 487449126X
NCID BN06298727
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92027585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想