アメリカ大不況 : 歴史的経験と今日的意味

マイケル・A.バーンスタイン 著 ; 益戸欽也, 鵜飼信一 訳

1929年、アメリカを襲った未曽有の大不況=大恐慌は、なぜあれほどに長期化・深刻化したのか。現代経済の課題に、いかなる教訓をもたらすのか。本書は、経済構造の転換を重要視点に、産業史を巧みに統合してこの難問にアプローチし、現在経済のもつ脆弱性のメカニズムをも検証した野心的労作の全訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大不況-回復の遅れと経済変化(1930年代の難問-序論
  • 長期的経済成長と回復の問題-1929〜39年
  • アメリカ産業の変質
  • 投資不足の再評価
  • 技術変化と回復の問題
  • 有効需要と失業
  • ニューディールと経済回復-経済政策としての評価
  • 大不況と現代-歴史的展望)
  • 2 大不況-資料篇(統計を中心とする補論
  • 理解を深めるための原注
  • 参考文献)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ大不況 : 歴史的経験と今日的意味
著作者等 Bernstein, Michael A.
Bernstein, Michael Alan
益戸 欽也
鵜飼 信一
バーンスタイン マイケル・A.
書名ヨミ アメリカ ダイフキョウ
書名別名 The great Depression
出版元 サイマル出版会
刊行年月 1991.5
ページ数 373p
大きさ 19cm
ISBN 4377108891
NCID BN06298330
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92010440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想