近代日本糖業史  上巻

糖業協会 編

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • 第一編
  • 第一章 幕末開港以前の糖業 / p3
  • 第一節 砂糖の伝来 / p3
  • 第二節 蔗作・製糖の創始者たち / p10
  • 第三節 讃岐の白糖・薩摩の黒糖 / p20
  • --国内糖業の成立と発展
  • 一 讃岐の白糖 / p23
  • 二 薩摩の黒糖 / p30
  • 第四節 幕末期における蔗作・製糖の技術と経営 / p41
  • 一 蔗作 / p41
  • 二 初製糖(白下糖)の製造 / p44
  • 三 白糖製造と搾屋 / p47
  • 第五節 大阪・江戸における砂糖取引と砂糖商 / p51
  • 第二章 砂糖輸入の増大と国内糖業 / p67
  • 第一節 砂糖輸入の大勢 / p67
  • 第二節 糖商勢力の消長 / p78
  • 第三節 在来糖業の動向 / p93
  • 一 和白糖生産の衰退 / p93
  • 二 黒糖生産の停滞 / p102
  • 第三章 国内糖業振興政策の展開 / p115
  • 第一節 初期の甜菜移植政策 / p115
  • 第二節 芦粟の試作 / p123
  • 第三節 綿糖共進会と砂糖集談会 / p134
  • 付論 内国砂糖大会社について / p142
  • 第四節 在来糖業の改良政策 / p146
  • 一 清国産甘蔗移植の企図 / p146
  • 二 製糖技術の改良政策 / p152
  • 第四章 近代的精製糖業の成立過程 / p164
  • 第一節 讃岐志度製糖場と大阪中之島製糖所 / p164
  • 一 志度製糖場 / p165
  • 二 中之島製糖所 / p169
  • 第二節 北海道における近代的甜菜糖業の設立と挫折 / p179
  • 第三節 精製糖業の成立 / p191
  • 第五章 八重山糖業株式会社 / p201
  • --蔗作・製糖一貫経営の企図
  • 第二編
  • 第一章 日本の領有以前における台湾の糖業 / p215
  • 第一節 歴史的概観 / p215
  • 第二節 在来糖業の経営と技術 / p225
  • 一 蔗作 / p225
  • 二 粗糖製造-糖廍 / p228
  • A 糖廍の経営形態 / p228
  • B 粗糖の製造工程 / p235
  • 三 糖間と白糖および氷砂糖の製造工程 / p238
  • 第二章 台湾における近代産業成立の前提 / p243
  • 第一節 治安の確立 / p243
  • 第二節 土地調査と大租権整理・地租改正 / p247
  • 第三節 貨幣・金融制度の整備 / p256
  • 第四節 交通・通信機関の発展 / p264
  • 第五節 総督府財政と専売事業 / p270
  • 第三章 台湾糖業保護政策 / p277
  • 第一節 「糖業改良意見書」 / p277
  • 第二節 糖業保護政策の展開 / p286
  • 一 糖業奨励規則と臨時台湾糖務局 / p286
  • 二 蔗作の改良 / p288
  • 三 製糖の改良 / p294
  • 四 製糖場取締規則と原料採取区域制度 / p298
  • 第四章 製糖資本の形成 / p303
  • 第一節 台湾製糖株式会社の設立 / p303
  • 第二節 内地資本の進出 / p314
  • 第三節 糖商資本 / p328
  • 第五章 内地精製糖業と台湾粗糖業 / p334
  • 第一節 内地精製糖業の動向 / p334
  • 第二節 日糖事件 / p342
  • 第三節 明治末年の内地精製糖業と台湾粗糖業 / p355
  • 補論 明治末期の沖縄糖業 / p361
  • --糖業改良事務局の事業と成果

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近代日本糖業史
著作者等 服部 一馬
糖業協会
書名ヨミ キンダイ ニホン トウギョウシ
巻冊次 上巻
出版元 勁草書房
刊行年月 1962
ページ数 370p
大きさ 27cm
ISBN 4326501286
4326500492
NCID BN06294839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63001821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想