浄土教美術

石田一良 編著

[目次]

  • 序章 研究の立場
  • 第1章 恵心教美術-皆金色阿弥陀如来坐像
  • 第2章 法然教美術-半金色善導像
  • 第3章 親鸞教美術-親鸞寿像
  • 第4章 来迎図の展開-浄土教美術における自然描写の展開
  • 終章 浄土教美術の展開とその歴史的位置
  • 付録(最澄晩年の思想とその歴史的意義
  • 時処機相応の論理-最澄と法然・親鸞をつなぐもの
  • 中尊寺建立の過程にあらわれた浄土信仰と政治理念-奥州藤原氏の浄土思想とその美術
  • 奥州藤原氏四代のミイラと浄土教)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浄土教美術
著作者等 石田 一良
書名ヨミ ジョウドキョウ ビジュツ
書名別名 文化史学的研究序論

Jodokyo bijutsu
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1991.3
ページ数 366p 図版24p
大きさ 22cm
ISBN 4831505129
NCID BN06289726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91037031
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想