彫刻家 : 創造への出発

飯田善国 著

彫刻家は世界をどのように認識し作品化するのだろうか。画家をめざしてローマに留学した著者は、そこで彫刻の魅力を発見し、彫刻家になる決意を固めた。しかし、何をどのように創ればよいのか。重くのしかかる戦争の記憶、出口の見えない迷い、ウィーンでの欝屈した日々-。苦闘の中からついに自らの彫刻を見出すまでの魂の遍歴を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 彫刻の発見
  • 2 戦場の記憶
  • 3 初めてのブロンズ
  • 4 ウィーンの冬
  • 5 中間漂流期
  • 6 創造への出発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 彫刻家 : 創造への出発
著作者等 飯田 善国
書名ヨミ チョウコクカ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.5
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4004301734
NCID BN06286750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91044077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想