リヒァルト・ヴァーグナーの苦悩と偉大 : 他一篇 講演集

トーマス・マン 著 ; 青木順三 訳

ヴァーグナーの人と作品を語りつつ、マンが自らの芸術観を披瀝した講演(1933)。この講演は、ヴァーグナーをドイツ民族音楽の理想として利用したナチスを厳しく批判したことで、彼の亡命生活への一因にもなった。ヴァーグナーを通してみた出色のドイツ論。「リヒァルト・ヴァーグナーと『ニーベルングの指環』」を併収。

「BOOKデータベース」より

ヴァーグナーの人と作品を語りつつ、マンが自らの芸術観を披瀝した講演(1933)。この講演は、ヴァーグナーをドイツ民族音楽の理想として利用したナチスを厳しく批判したことで、彼の亡命生活への一因にもなった。ヴァーグナーを通してみた出色のドイツ論。「リヒァルト・ヴァーグナーと『ニーベルングの指環』」を併収。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • リヒァルト・ヴァーグナーの苦悩と偉大
  • リヒァルト・ヴァーグナーと『ニーベルングの指輸』

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • リヒァルト・ヴァーグナーの苦悩と偉大(一九三三年)
  • リヒァルト・ヴァーグナーと『ニーベルングの指輪』(一九三七年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リヒァルト・ヴァーグナーの苦悩と偉大 : 他一篇 講演集
著作者等 Mann, Thomas
青木 順三
マン トーマス
書名ヨミ リヒァルト ヴァーグナー ノ クノウ ト イダイ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.5
ページ数 222p
大きさ 15cm
ISBN 400324348X
NCID BN06278446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91043039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想