極光のかげに : シベリア俘虜記

高杉一郎 著

敗戦後、著者は俘虜としてシベリアで強制労働についた。その四年間の記録である。常に冷静さと人間への信頼とを失わなかった著者の強靭な精神が、苦しみ喘ぐ同胞の姿とともに、ソ連の実像を捉え得た。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アンガラ河
  • 「どん底」の歌
  • マルーシャ
  • 「緑の隅」
  • 極光
  • 学校
  • 密林の旅
  • 河岸通り
  • 別れ
  • 密林のはてに
  • 懲罰大隊
  • 晩夏
  • イルクーツク
  • 炭鉱町で
  • ソヴィエト的人間
  • ホルスト・ヴェッセルの歌
  • 帰還

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 極光のかげに : シベリア俘虜記
著作者等 高杉 一郎
書名ヨミ キョッコウ ノ カゲニ
書名別名 Kyokko no kageni
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.5
ページ数 362p
大きさ 15cm
ISBN 4003318315
NCID BN06278413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91044443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想