ユングにおける心と体験世界

渡辺学 著

精神病理や心の構造論の他、東洋宗教、神話、錬金術。心霊現象、占星術、共時的現象など、驚くほど多彩な研究に一貫するものは何か。全業績を「人生の有意味性を読み取る解釈学」として、包括的・統一的に捉え直した、画期的ユング論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 ユングの心理学思想と解釈の問題
  • 第1章 ユング心理学の背景-神秘体験・心霊現象・心霊主義
  • 第2章 心の現象学-コンプレックスと元型の有意味性
  • 第3章 意味実在論への転回-共時性の原理をめぐって
  • 第4章 基本的な理論的枠組-心的現実の立場と心理学的真理
  • 第5章 心と象徴の概念と機能-心に内在する弁証法的契機
  • 第6章 体験世界とその解釈をめぐって-方法的独我論と元型論
  • 第7章 ユングにおける有意味性の問題-人間の宗教性と意味の体認
  • 結論 有意味性への投企と意味世界の現成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユングにおける心と体験世界
著作者等 渡辺 学
書名ヨミ ユング ニ オケル ココロ ト タイケン セカイ
シリーズ名 南山大学学術叢書
出版元 春秋社
刊行年月 1991.4
ページ数 472p
大きさ 20cm
ISBN 4393361024
NCID BN06275517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91036271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想