パレスチナ難民の生と死 : ある女医の医療日誌

ポーリン・カッティング 著 ; 広河隆一 訳

85年暮、ベイルートに外科医として赴任した著者が見たのはつかの間の平和と突然の砲撃。163日間キャンプが封鎖された時は、爆死か餓死か、の恐怖の中で手術と治療を続ける。不自由な生活にもかかわらず、明るく助け合って生きるパレスチナ難民の人々。悲運の民に深く共感し、苛酷な生をともに生きた女医の感動の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 外科医としてベイルートに赴任する
  • 2 ブルジバラジネ・キャンプの人々
  • 3 キャンプ住民とアマル民兵の衝突
  • 4 外国人の誘拐が多発する
  • 5 つかの間の平和と拷問事件
  • 6 キャンプ攻撃が始まる
  • 7 戦闘の5週間が終わる
  • 8 キャンプに戻った「平和」
  • 9 レバノンの歴史への旅
  • 10 戦闘が再開、キャンプが封鎖される
  • 11 食糧と燃料が不足し始める
  • 12 飢えと寒さにふるえる
  • 13 国際機関に救助を求める
  • 14 悪夢のような一日
  • 15 狙撃される女たち
  • 16 キャンプ封鎖解除まで
  • 17 ブルジバラジネに心を残して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パレスチナ難民の生と死 : ある女医の医療日誌
著作者等 Cutting, Pauline
広河 隆一
カッティング ポーリン
書名ヨミ パレスチナ ナンミン ノ セイ ト シ
書名別名 Children of the siege
シリーズ名 同時代ライブラリー 69
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.5
ページ数 365p
大きさ 16cm
ISBN 4002600696
NCID BN0627007X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91042400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想