未完の帝国 : ナチス・ドイツの建築と都市

八束はじめ, 小山明 著

ヒトラー、ゲッベルス、ローゼンベルク、そしてシュペーアなどの幾重にも重なるミクロ・ポリティークを解きほぐしながら、国土計画・共同体建築の成立過程を明らかにし、さらには、ベルリンをはじめとする各都市の改造計画や中心的な建築家たちの公共建築の形態分析を通して、初めてナチス・ドイツの建築と都市計画の全容を総合的にとらえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 「ナチス・ドイツの建築」という問題
  • 第1部 ミクロ・ポリティークの構図(改革と反動の間で
  • 「同伴者」たち
  • 強制同化への途)
  • 第2部 「計画」のネットワーク(国土・都市計画
  • 共同体建築)
  • 第3部 都市・デザイン・テクノロジー(ヒトラーの都市
  • アルバート・シュペーア
  • 戦争の建築-ナチス・ドイツの要塞
  • ナチス・ドイツの様式)
  • ナチス・ドイツ建築年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未完の帝国 : ナチス・ドイツの建築と都市
著作者等 八束 はじめ
小山 明
書名ヨミ ミカン ノ テイコク
出版元 福武書店
刊行年月 1991.4
ページ数 295p
大きさ 22cm
ISBN 4828823786
NCID BN06266254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91036895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想