朝鮮社会経済史研究

京城帝国大学法文学会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 朝鮮に於ける近代資本主義の成立過程-その基礎的考察-…四方博 / 1p
  • 李朝末期の農村…大内武次 / 227p
  • 舊來の朝鮮農業社會についての硏究のために…森谷克己 / 297p
  • 農村社會分化の起點としての土地調査事業に就て…朴文圭 / 521p
  • 目次
  • 序說 / 5p
  • 第一章 土地の貨幣化 / 9p
  • 第一節 李朝末土地制度の槪觀 / 9p
  • 第二節 外國人の土地所有の外貌と實相 / 21p
  • 第三節 土地家屋證明規則の發布-所有權の確認 / 34p
  • 第二章 貨幣金融制度の確立 / 44p
  • 第一節 開港前後の貨幣事情 / 45p
  • 第二節 韓錢手形及び白銅貨問題 / 54p
  • 第三節 刻印付日本圓銀の通用 / 70p
  • 第四節 在來の金融機關 / 79p
  • 第五節 朝鮮に於ける第一銀行の地位 / 86p
  • 第六節 第一銀行券の發行 / 95p
  • 第七節 幣制整理 / 109p
  • 第三章 外國貿易の發達と商業資本 / 125p
  • 第一節 開港前後の對外貿易 / 126p
  • 第二節 在來の國内商業の組織 / 135p
  • 第三節 外國貿易發展の樣相 / 157p
  • 第四節 外國貿易の國内經濟社會に及ぼせる影響 / 186p
  • 結語 / 204p
  • 目次
  • 緖言 / 1p
  • 一 臆斷 / 1p
  • 二 福田博士の說 / 6p
  • 三 農政學者丁若鏞 / 11p
  • 第一 農村の支配 / 14p
  • 一 行政區劃 / 15p
  • 二 行政機關 / 17p
  • イ 監司(觀察使) / 17p
  • ロ 守令 / 21p
  • 三 施政の實際 / 28p
  • 第二 農村の構成 / 41p
  • 一 兩班と農民 / 41p
  • 二 自治機關 / 45p
  • イ 面(坊・社) / 45p
  • ロ 洞・里 / 54p
  • 目次
  • はしがき / 1p
  • 第一篇 舊來の朝鮮經濟・社會の外的自然諸條件 / 2p
  • 緖論 / 2p
  • 第一章 農業生產力の外的自然諸因子 / 4p
  • 第一節 自然的土壤の生產力 / 5p
  • 第二節 朝鮮土壤 / 11p
  • 第三節 氣溫 / 26p
  • 第四節 水の諸關係 / 34p
  • 第二章 工業の自然的資源 / 54p
  • 第一節 問題の限定 / 54p
  • 第二節 朝鮮の鑛物資源 / 57p
  • 第三章 暫定的結び / 93p
  • 第二篇 朝鮮の農業の存立條件とこれが確保のための社會の鬪爭 / 94p
  • 第一章 朝鮮農業社會にとつての水の意義 / 94p
  • 第一節 水の過少 / 95p
  • 第二節 洪水 / 115p
  • 第二章 朝鮮農業社會の水のためにする鬪爭 / 153p
  • 第一節 給水のためにする鬪爭 / 153p
  • 第二節 防水のための鬪爭 / 164p
  • 第三節 韓末における治水施設の荒廢 / 172p
  • 第四節 朝鮮における測候の學術 / 176p
  • 第三篇 謂はゆる東洋社會の特質と朝鮮農業社會 / 180p
  • 第一章 ヘーゲルの『東洋世界』とマルクスの『アジア的生產樣式』 / 181p
  • 第一節 ヘーゲルの東洋世界觀 / 181p
  • 第二節 マルクスの『アジア的生產樣式』 / 190p
  • 第二章 朝鮮社會の特質の問題 / 196p
  • 第一節 李朝末期の土地所有についての若干の考察 / 197p
  • 第二節 舊來の朝鮮社會の基本單位としての村落共同體 / 216p
  • 目次
  • 一 序說 / 1p
  • 二 土地調査事業を規定した歷史的諸條件 / 5p
  • 三 土地調査事業の特質 / 16p
  • 四 その特質の農村社會分化に及ぼした影響 / 33p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 朝鮮社会経済史研究
著作者等 京城帝国大学法文学会
書名ヨミ チョウセン シャカイ ケイザイシ ケンキュウ
シリーズ名 京城帝国大学法文学会第一部論集 ; 第6冊
出版元 刀江書院
刊行年月 1933
ページ数 567p 地図
大きさ 22cm
NCID BN06252985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53010595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想